「ひこうき」がやりやすくなる!?3つの工夫

Pocket

今回は「ひこうき」をやりやすくするための3つの工夫を紹介します。

技術的なことではなく、「ひこうきがやりやすいけん玉の条件」というテーマでお話ししていきます。
すぐにやりやすくなる方法もありますので、ぜひ参考にしてください。

技術的なことに関しては、以下の記事をご覧ください。

それぞれの工夫には、重要度を書いています。

重要度:★★★ … とても大切!!
重要度:★★☆ … 大切!
重要度:★☆☆ … もしかしたら役に立つかも!

くらいのレベルで書いていますので、参考にしてください。

① 【重要度:★★★】 糸の長さを変える

糸の長さが長すぎると、けんに力がうまく伝わらず、ひこうきを成功させづらくなります。

また、糸の長さが短すぎてもタイミングを取りづらくなってしまいます。

ですから、糸の長さを見直してみましょう。

どのくらいの長さにすればいいの?

糸の長さがどのくらいがいいか、下の表を参考にしてください。

糸(ひも)の長さがすでに適切であれば、あとは技術を磨くだけです。

② 【重要度:★☆☆】 玉の穴が広がっているけん玉を使う

けん玉を長く使っていると、玉の穴がすり減って少しずつ大きく、広くなっていきます。

使い古したけん玉のほうが、
穴の周りや内部がすり減って入れやすい

ひこうきは玉の穴に入れる技ですから、もちろん玉の穴が大きいほうが入れやすいです。

上の写真だと、使い古したけん玉のほうが穴の大きさが大きくなっているのが何となくわかるでしょう。
※実際はそれほど大きくなっていないのですが、玉の内部もすり減っているので、ななめから入れるひこうきのような技では、成功しやすさが結構変わります。

そのため、ひこうき”だけ”を考えるなら、長く使っていて玉の穴が広がっているものを使うのがよいです。

③ 【重要度:★☆☆】 けん先がとがったけん玉を使う

けん先がとがっていると、ひこうきを成功させやすくなります。

長く使っているけん玉で、けん先が丸くなっていると、ひこうきは成功させづらいです。

とがっているものを使う=新しいけん玉を使う

ということなのですが、これは②で紹介した「玉の穴が広がっているものを使う」と矛盾しますね。
つまり、②と③を同時に満たすことは難しいです。

もちろん、けん先をボンドや接着剤をつけてあげることで、けん先のすり減りをある程度防ぐことができます。
いずれにしても、長く使っているとどうしてもけん先はすり減っていきますし、糸の長さに比べると重要度は落ちるため、星1つ(★☆☆)です。

まとめ

ひこうきをやりやすくするための3つの工夫について紹介しました。おさらいします。

① 重要度:★★★ 糸の長さを変える

② 重要度:★☆☆ 玉の穴が広がっているけん玉を使う

③ 重要度:★☆☆ けん先がとがったけん玉を使う

技術的な要素に加えて、できるだけやりやすいようにけん玉を工夫することも実力のうちです。

もちろん、「どんなけん玉でもひこうきができる」のが理想ですが、
まずはやりやすいけん玉でやってみて、成功体験をつむことが大切です。

成功できればうれしいし、けん玉をやるのが楽しくなります。もっともっと練習してうまくなりたいと感じるようになります。

今すぐにできる内容もありますから、ぜひ試してみてください!