けん玉の持ち方 「もしかめグリップ」

Pocket

けん玉の持ち方のひとつである、「もしかめグリップ」について紹介します。

別名:大皿持ち、もしかめ持ち

日本けん玉協会のHPでは「大皿の持ち方」と表現されています。

もしかめグリップを使う級位・段位

(*)…小皿をやるときは、親指を小皿側にそえます。(*)…大皿、小皿、中皿は「とめけんグリップ」で
実施してもいいです。

もしかめグリップ

もしかめグリップは、大皿の持ち方と同様の持ち方です。持ち方の動画を乗せておきます。

けん玉の書籍でも上記の持ち方で紹介されているかと思いますし、けん玉教室でも上記で教える人が多数です。

「持ち方が正しくないと、うまくなれません」
と動画の後半で言われている通り、持ち方がいい加減だと、大皿はうまくできたとしても、もしかめが続きません。

ですから、正しい持ち方を最初のうちに身につけておくことが大切です。

持ち方は日本けん玉協会のホームページでも紹介されていますので、参考にされてください。

上記以外の持ち方でもよい

動画で紹介している持ち方と同じ持ち方を身につけるのが大切です。
それと同じくらい大切なのは、「それ以外に自分に合った持ち方がないか確かめてみること」です。

どの持ち方が自分に合っているかは人によって違います。なぜなら、以下が人によって違うからです。

・手の大きさや形
・指の長さ
・指の太さ

など

これらが人によってさまざまなので、どういう持ち方が自分に合うかを自分で確かめる必要があります。

ここでは、いくつかのバリエーションを紹介します。

小指を小皿にそえるパターン

最初に紹介したパターンは、小指が自由な状態(宙ぶらりんな状態)でした。それが何となく落ち着かなかったり、気になってしまう人もいます。

その場合、小指も小皿にそえることで安定させる方法があります。

小皿に中指・薬指・小指の3本をそえるパターンです。
このパターンは指が大きい成人の方だと窮屈かもしれません。
逆に言えば、手の小さい子供の方や、指が細くて小皿に3本そえても窮屈ではない方は試してみる価値があると言えそうです。

指4本でけんを支えるよりも、指5本でけんを支えたほうが安定すると私は考えています。
そのため、小指を自由にさせておくよりも、小皿にそえるようにしたほうが(窮屈でなければ)おすすめです。

中指をけんのほうに持ってくるパターン

中指を小皿にそえる握り方は、手の大きい方だと手とけんの距離が離れてしまいがちになります。手とけんの距離が離れてしまうと安定しづらくなってしまいます。
それを解消するパターンが以下です。

本来小皿にそえるべき中指を、けんのほうに持っていきます。けんを親指・人差し指・中指の3本で支えるようなイメージです。鉛筆の握り方ではなく、習字の筆の握り方です。

私はこの持ち方です。

基本の持ち方 → 中指を小皿にそえるのが窮屈に感じる。小指が宙ぶらりんなのが気になる。
バリエーション① → 中皿を小皿にそえるのが窮屈に感じる。

これらを解決できるのが今回バリエーション②で紹介した握りです。ぜひ参考にしてみてください。

すべり止めと手(指)の位置にも気をつける

どの指をどこに配置するかと同じくらい大切なのは、「すべり止め」と「手」の位置の関係です。

すべり止めにうまく手(指)をひっかけることができればけんが安定するからです。

こちらの画像も参考にしていただきたいと思います。

まとめ

基本的な持ち方は前半の動画で紹介したとおりです。

しかしながら、手の大きさや指の長さなどが人によって違うため、やりやすい持ち方はさまざまです。今回紹介したバリエーション以外も含めて、皆さん自身で試してみることが大切です。

試行錯誤を繰り返しながら、もっとも自分に合った持ち方を探してみてください!