けん玉の持ち方 「とめけんグリップ」

Pocket

けん玉の持ち方のひとつである、「とめけんグリップ」について紹介します。

別名:けん持ち、とめけん持ち

日本けん玉協会のHPでは「とめけんの持ち方」と表現されています。

とめけんグリップを使う級位・段位

多くの技でとめけんグリップを使います。つまり、この持ち方を正しくできないと、多くの技で苦労するということです。

とめけんグリップ

とめけんグリップの持ち方の動画を乗せておきます。

けん玉の書籍でも上記の持ち方で紹介されているかと思いますし、けん玉教室でも上記で教える人が多数です。

正しい持ち方を最初のうちに身につけておくことが大切です。

上記以外の持ち方はおすすめしません!!

持ち方は日本けん玉協会のホームページにも画像が載っていますが、こちらの持ち方は残念ながらおすすめしません。
上記のホームページだと、薬指と小指が親指と同じ側(大皿と同じ側)にそえられています。

安定しない持ち方①

この持ち方でも”ルール上は”よいのですが、けんが安定しません。
余計な力が入らない分、とめけんなどはやりやすいのですが、一周系などでけんがブレてしまいがちなので、私はおすすめしません。
※私は以前、上の持ち方(薬指と小指が親指と同じ側(大皿と同じ側))にしていたのですが、やめました。

また、親指と小指だけ大皿側、というのもおすすめしません。

安定しない持ち方②

こちらは上の写真よりは安定しますが、やはり人さし指から小指の4本は、親指と反対側(小皿と同じ側)にそえることでけんが最も安定します。

ということでとめけんグリップの持ち方は…?

ですので、それぞれの指のそえる位置は以下のとおりとしましょう。

親指:大皿側
それ以外の指:小皿側

けんを安定させるために

けんを安定させるためには、「すべり止め」をうまく使うとよいです。とめけんグリップでは、小指をすべり止めに引っかけるとよいです。

小指をすべり止めに引っかける

小指をすべりどめに引っかけることができれば、手や指に力を入れなくてもけんを安定させることができます。

手の大きい方

成人男性の方で手の大きい方は、皿銅~すべり止めの間に指が4本入らないことがあります。

その際は、小指はすべり止めと中皿の間(認定シールがある付近)にそえてもよいでしょう。その際も小指はすべり止めに引っかけることでけんを安定させることができます。
また、このパターンだと薬指もすべり止めに引っかけることができる方もいるでしょう。その場合はすべり止めを薬指と小指でサンドイッチするような持ち方になります。手の大きい方はこの持ち方でもかまいません。

手の小さい方

もし手の小さい方で、小指がすべり止めまで届かない場合は、無理をせず自然に持ってかまいません。ただし、けん先の長さが短く、けんの柄(つか)の部分が長いままの可能性があるので、こちらを参照してけん先の長さが問題ないか確認してみてもいいでしょう。
※けん先の長さは、新品の状態で4.5cmをおすすめしています。

指と指の間をあけたほうが良いか?

人さし指~小指の4本の指は同じ側にそえるように解説してきました。この4本の指はくっつけておいたほうが良いでしょうか?それとも間(あいだ)をあけて離しておいたほうが良いでしょうか?
つまり、

✓指をくっつける持ち方

✓指の間をあける持ち方

のどちらが良いでしょうか?

結論から言うと、「どちらでも良い」です。
私はくっつけて持ちます。それぞれの持ち方のメリットとデメリットを記載します。

指をくっつける持ち方

指をくっつける持ち方は、力を入れやすいのでけんを安定させやすいメリットがあります。一方でその力の入れやすさがデメリットになる可能性もあります。緊張して力が入ってしまうと、指をくっつける持ち方は余計に力が入りやすくなります。
普段からリラックスして持つように心がければ、このデメリットは回避できるでしょう。

また、手の大きさにもよりますが私の場合指をくっつけて持つと小指がちょうどすべり止めの上に来ます。小指をすべり止めに引っかけることでけんをさらに安定させられるので、私はこの持ち方をおすすめします。

指の間をあける持ち方

指の間をあける持ち方は、力が分散するので力を抜きやすく、リラックスして持つことができます。その点で、緊張していたとしても、余計な力が入りにくいのがメリットです。

また、どのくらい間をあけるかにもよりますが、すべり止めにうまいように薬指や小指をひっかけることができれば、けんを安定させることができます。

しかし、赤字で示した以下のデメリットがあるので、私は指の間をあける持ち方をおすすめしません。

✓指が動きやすい

どういうことかというと、技をやっている途中で指がずれてしまう可能性が高いということです。

実はこの「指をずらす」という行為は、一周系の技以外では禁止されています。

下記の動作上の禁止事項が試技中に確認できた場合、審査員はその試技を失敗と判定する。
(中略)
② 連続技における修正行為の禁止
(中略)
・技から技へ移行する間に、けんや玉の握りを修正(指を離す、指をずらす、若しくは新たに添える等) してはならない。ただし、一周技(世界一周等)については、この項目を適用しない。

https://kendama.or.jp/wp-content/uploads/2018/06/f1a67030e4f0167d14488f72596fe8bd.pdf 2-2動作上のルール

この行為が確認されると、その時点で失敗です。意図的にずらすのではなく、無意識にずれてしまった場合も失敗です。これは必ず覚えておきましょう。

また、初心者の場合、これが適用されるケースが少ないです。検定の最初のほうに連続技がないからです。そのため、このルール自体を教えてもらわないままの方が多くいます。
検定で最初に出てくる連続技は、3級で登場する「日本一周」です。しかしながら、一周技については上記の項目が適用されない(=指を離したり、ずらしたりしてよい)ので、上記の項目は結局、準初段で出てくる「けん先すべり」や初段で出てくる「地球まわし」まで適用されません。

これらの技をやるレベルになると、持ち方を修正するのが大変です。
ですから、けん玉を始めた最初の段階から指はくっつけて持ったほうがよい、というのが私の意見です。

まとめ

とめけんグリップの持ち方は、前半の動画で紹介したとおりです。
ここで紹介したことは3つです。これを覚えておきましょう!

① 親指:大皿側
② それ以外の指:小皿側
③ 小指:すべり止めに引っかかるようにする