けん玉の持ち方 「つるし持ち」

Pocket

けん玉の持ち方のひとつである、「つるし持ち」について紹介します。

別名:あんまりない…

日本けん玉協会のHPでは「つるし技の持ち方」と表現されています。

※本ブログでは、持ち方について「〇〇グリップ」という表現を主に用いていますが、つるしに関しては「つるし”持ち”」と表現しています。グリップという言葉には”握る”という意味がありますが、つるし持ちに関してはけんや玉を”握る”のではなく、糸を”つまむ”ので、「つるし”持ち”」という表現にしています。まれに「つるしグリップ」と言っている人もいますが、あまりメジャーではありません。

つるし持ちを使う級位・段位

検定で出てくる種目の中でつるし持ちを使うのは、『つるしとめけん』と『つるし一回転ひこうき』の2種目だけです。
また、『つるしとめけん』は、「けんが利き手側」であり、『つるし一回転ひこうき』は「玉が利き手側」であるため、同じつるし持ちに分類されるものの、けんと玉の位置関係は異なります。

つるし持ち

つるし持ちの持ち方の画像を乗せます。
このページでは「右利きの人のつるしとめけんの持ち方」を基準にしていますので、左利きの方はけんと玉を左右反対にしてください。つるし一回転ひこうきをやる場合も同じです。けんと玉を左右反対にしてください。

右利きの人のつるし持ち

持ち方は日本けん玉協会のホームページにも画像がのっていますので、参考にしてください。

ルールが厳しいので注意!!

つるし持ちは他の持ち方と比べて持ち方に制限が多いです。ほかの持ち方であればあまり気を付けなくてもルール違反にならないことがほとんどです。しかしつるし持ちは他の持ち方に比べてルールが多いので、気を付けていないと禁止されている持ち方になってしまっていることがあります。

禁止されている持ち方で技を実施すると、その瞬間に失敗扱いとなってしまいます。
いつも練習していた持ち方がダメな持ち方だった、ということが本番で起きてしまうとパニックになってしまいますし、練習の意味がなくなってしまいますから、今のうちに禁止されている持ち方を知っておきましょう。

【ダメ!】糸を指に引っかけてつるす

つるすときは、糸をつまんで持つことがルールです。糸を指に引っかけてはいけません。

【ダメ!】糸を余らせてつるす

つるすときは、糸を余らせてつまんでいはいけません。

【ダメ!】親指、人差し指、中指以外を使う

日本けん玉協会のホームページには、使う指について以下の記載があります。

・糸の中程を親指と人さし指又は中指でつまみ、けん玉をつるして持つこと

https://kendama.or.jp/wp-content/uploads/2019/09/5ea29a601d4e046dd6afcbeddc525e31.pdfより引用

つまりどういうことかというと、下の3つはOKです。

逆に言えば、この3つのパターン以外はダメです。例えば親指を使わなかったり、薬指や小指を使ったりしてはダメです。
例えば以下の写真のように、薬指がひもに触れてしまっているとダメです。(正直なところ、この持ち方で失敗と判定する(判定できる)審査員は少ないかもしれませんが、、)

【ダメ!】玉の中心がけん先より上にある

つるしとめけんの場合は、玉をけんにさす=玉がけんより上に位置している必要があります。
ですから、最初から玉を上のほうにしてつるす人がいます。ただしこの玉の位置に制限があります。

・つるした時、玉の中心が「けん先端と中皿の縁」の間の範囲にあること

https://kendama.or.jp/wp-content/uploads/2019/09/5ea29a601d4e046dd6afcbeddc525e31.pdfより引用

これだけだとわかりづらいので、イラストと写真で説明します。

イラスト

①…ダメ!、②~④…OK!、⑤…ダメ!

✓ 一番左の①は玉の中心(赤色)がオレンジ色でかこまれたところの「外」にあるのでダメ。
✓ 真ん中の3つ、②、③、④、は玉の中心(赤色)がオレンジ色でかこまれたところの「中」にあるのでOK。
✓ 一番右の⑤は玉の中心(赤色)がオレンジ色でかこまれたところの「外」にあるのでダメ。

大体の人は③で構えていると思うので大丈夫だと思います。玉の「中心」が、けん先よりも下にあればよいので、②でもOKです。基本的には②から③あたりがやりやすいと思います。
さすがに⑤のパターンはつるしとめけんを非常にやりづらいので、見かけたことはありませんが、①のパターンでダメになる可能性はあるので、写真も載せておきます。

写真

以下の写真はダメな例です。イラストでいうと、①と同じです。自分の視線から見ればOKな場合であっても、審査員の目線から見るとダメな場合もあるので、注意してください。

まとめ

つるし持ちの持ち方は、上の画像で紹介したとおりです。
禁止されている持ち方が多いので、注意してください。息子さんや娘さんがつるし技に挑戦している場合は、禁止されている持ち方になっていないか、確認してあげるようにしてください。

また、自分では大丈夫だと思っていて、実際に大丈夫な持ち方であっても、紛らわしい持ち方をしていると審議の対象になってしまうことがあるので、そうならないように「この持ち方で大丈夫ですか?」と指導員の方に聞くことをおすすめします。